白黒よりも鮮やかで

好きなものを好きと言えるのがブログだと思う。

最近ちょっとメンヘラなわたしのつぶやき

 

 

最近わたしは自己破壊願望が復活してきている。

気づいたのは、自分のことばにトゲがあると気づいたから。

他罰は自罰の裏返しだ。

そういえば、半年くらいしなくてもよかった過食が復活してきている。

わたしの体も、また自傷の色に染まりつつある。

なんでだろう。半年前よりずっと、大好きな人たちはそばにいるのに。

わたしがこの半年間、NPOや施設や色んなところで心の底から思ってきた

「君は大切な人なんだよ。君は君のままでいいんだよ。」という言葉が、ブーメランで返ってくる。

そんなわけないじゃない、とわたしが言う。

メールを返さず放置した罰を、

人前で上手くしゃべれなかった罰を、

でしゃばった罰を、

人の気持ちを考えなかった罰を、

わたしはわたしに自傷行為という形で突きつける。

失敗するわたしも、完璧主義なわたしも、

わたしはずっと大嫌いだった

 

そういえば。

小学校のとき、ボールが嫌いなわたしは

ドッジボールの時間になるといつも、

空気になりたいと思っていた。

空気なら投げなくてもいいし、

逃げ回らなくてもいいのに

誰も傷つけないし、誰からも傷つけられない空気になりたい。

 

介入もせず干渉もされず、

ただひとり完璧でありたいという精神は、

今の私にも脈々と流れているんだろう。

だけど、わかっている。そんなのは無理だ

生きてるだけで、ちょっとくらいわたしは誰かから嫌われるし、

生きてるだけで、ちょっとくらいわたしは誰かから愛される

そして嫌われるのも好かれるのも、逃れることはできない

 

どうにもならないほど気分屋で、自己中心的で、

そしてちょっとやさしい自分がいとしいくらいにならないと、

きっと人のことも大切になんてできないんだろう

 

 そんなことを考えながら、筆を置く。