白黒よりも鮮やかで

好きなものを好きと言えるのがブログだと思う。

少年犯罪と自尊感情について

 

「空が青いから白を選んだのです」というのは、奈良少年刑務所の少年たちが書いた詩をまとめた詩集である。余りに美しい題に惹かれて手に取った。題はその詩の中からとったものだという。中身もまた、飾り気のないストレートな美しい言葉が綴られていて、それがが心に沁みた。

空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)

空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)

 

 

 これらを書いたのはすべて受刑者だ。彼らがどんな罪でここにいるのかは具体的に書かれてはいないが、強盗・殺人・薬物等の罪を犯した人もいるという。どんな凶悪犯罪者かと思うが、この柔らかく真っ直ぐな言葉を紡いだのもまた彼らである。日本では刑務所の中について実際に取り上げられることはまずないし、家庭裁判所も非公開が原則だ。ここにいる彼らは普通語られることはない。この本の素晴らしさは普段光の当たることのない人達に光を当てたことである。勿論彼らの犯した犯罪の裏に被害者がいることは承知しているが、それでも社会の腫物扱いするのではなく、まっすぐ彼らを見るべきだと思う。

 

 

著者も書いている通り少年犯罪の加害者というのは、社会的弱者という場合が多い。少年たちは始め固く心を閉ざしていたと書かれていた。彼らの詩はどことなく寂しさや悲壮感、自信の無さを感じさせた。

 

少年犯罪を犯した子がどんな子か、というのは以下の本が詳しい。

 

家裁の庭から―調査官が見た子どもの深層

家裁の庭から―調査官が見た子どもの深層

  • 作者: 原口幹雄,家庭問題情報センター
  • 出版社/メーカー: 日本加除出版
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 この本には様々な実例が紹介されており、その一つに、バイクの無免許運転や暴走行為で家庭裁判所に連れてこられた家出少女の例があった。彼女は家裁に連れてこられた当初、年齢不相応の「トゲトゲとした態度を見せていたのだが、不仲だった家族から「帰っておいで」という連絡をもらってからは、ころっと態度を変えて年齢以上に子供らしい態度を見せた、という。

 

 これは犯罪を犯した愛着障害の子の例だ。愛着形成ができなかったことで過度に親に反抗し、犯罪に繋がってしまった。しかし一方で、この反抗は「愛されたい」裏返しなので家族から連絡をもらって一変し従順になったのだ。

 

この様に少年犯罪の加害者は幼い頃に虐待・親の離婚・家庭崩壊・いじめ等様々なストレスに晒された子という場合が多い。これらの問題の肝は、子供たちが大きくなっても引きずり続けることにある。愛着障害自尊感情の低さ、当時生き抜くために身につけた自衛反応が成長してから自分の首を絞めることもある。この中で、とりわけ重要なのが自尊感情である。自尊感情は自己肯定感とも言われ、自分で自分を認めることだ。自尊感情は対人関係などの全ての根幹になり低いと生きづらさの原因となり得る。

これには、自分を抑圧し積りに積もって耐えきれなくなった頃、何かのきっかけで爆発してしまうという危険因子をはらんでる。それが他人に向く場合もあれば、自分に向く場合もあり、前者なら暴力事件などであり、後者は薬物や援助交際に当たる。

 

事件の裏で加害者の声にならない声で叫んでいたとしたら、自分の傷が誰かの傷を生んでいるとしたらこんな悲しいことはない。

 

詩の話に戻るが、彼らの詩は著者が行った講習の中で集めたという。この講習も自尊感情を高め、自分の罪の重さに気付かせることを目的としている。彼らは、このプログラムは他の受刑者たちとの関わり合いを通じて、自分を愛することを学んでいく。これを通じていつか彼らが自分を傷つけなくても生きれるようになりますように。出所後の彼らを誘惑から守ってサポートしてくれる人がいますように。

福祉が入り込む隙間も多そうだ。

 

 

 

もう少し社会が寛容であれば、と思う。

更生した少年たちに対しもう少し広いチャンスを、と思う。

なぜなら元々お金持ちの人間がどんどん財を増やしていく超成功物語が存在するなら、また社会的地位が低い人間が際限なく転落していく人生もまた存在するからだ。

資本主義の世界には、一部の人間が大成功する傍ら、他方その皺寄せが一部の人に押し付けられるということがあるからだ。

彼らは小さい頃から社会のダークサイドを背負わざるを得なかった。

努力主義・個人主義訴えながら実は社会階級の低い層と高い層には大きな隔たりがある。実際低い層は犯罪を犯してもおかしくないような状況に置かれながら、万一犯してしまったらそれ以下へと転落する。

 

彼らが犯罪を犯す前に、いや犯してからも彼らに合ったメンタリティサポートも必要だと思う。

 

 

おしまい