白黒よりも鮮やかで

好きなものを好きと言えるのがブログだと思う。

勝利を確信する瞬間について。

 

勝利を確信する瞬間ってなんでこう、独りよがりなんだろうと思う。

昔よくやってたスーパーマリオは、ゴールしたらミニマリオがハタに飛びついて、ハタが降りてくると「win」の文字が出た。

ハタに飛びついた途端、勝利は我が物だった。はやく「win」が出ないかなとかいう焦燥感とか、ワクワク感とか。

 

何回成功しても、毎回毎回同じ様に任天堂は毎回毎回「win」を見せてくれた。

 

10年経って、

完全勝利を確信しても待ってる結果が「win」とは限らない、

そんな勝利が増えた気がする。

羽生結弦が表彰台に飛び乗るような喜びなんて殆ど存在しなくて、

80年代の映画みたいに多分タバコ吸いながら黄昏れるしかないような喜び。「ヤッター」なんて、なんの感情もなしに言えないような。

 

祝杯は今はスイーツだけど、いつかは渋くなっていくんだろうか。