読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白黒よりも鮮やかで

好きなものを好きと言えるのがブログだと思う。

下げ場でのこと

10月。新学期に伴ってバイト先も変えた。動機と呼べる動機はなかったが、やはり知らない世界を知るのは面白いと思う。ホテルのバイキング形式のレストラン。ホテルマナーと手際はもはや技術だと思う。何にも知らない赤ちゃんみたいな新人に任されたのは下げ場だった。

 

下げ場とはホールと裏を繋ぐ場所。中継地点のような役割だ。カップ、シルバーの補充から使用済みのお皿や生ごみの取り扱い、コーヒーマシーンの点検など仕事は多岐に渡る。 忙しい時は本当に忙しい。以前マルチタスクを極めたいとか言っていた友達がいたが、マルチタスクを極めるには持ってこいだと思う。ともかくそのくらい、自分が如何に手際の悪い無能な人間か思い知らされる気がする。

 

けれど一度支配人から褒められた(?)ことがあった。「君は仕事がはやいね」と。

でも彼が続けて言った言葉はこうだった。

「これが出来ない人間は使い物にならないからなぁ」

褒められたのか、煽られたのか、どういう意味で受け取れば良いかは正直よくわからない。

 

まず、自分の仕事が「見られていること」に衝撃だった。前も飲食をやっていたのだが、万年人手不足。どんなに有能な人間でも首が回らない程のところだったから、みんな他人の働きっぷりを見る余裕なんてなかった。

 

と言いたいところだが、そこでも多分見られていたんだと思う。自分が思っている以上に。

 

彼の後の言葉に関してだが、

これから行くどの業界にも「見極め」 ポイントが存在するんだろうなと思う。それが登竜門でもあり得るし、逆に振り落とされる可能性だってある。面接だけでは恐らくわからない。面接はできる限り自分の会社においてリスクの少ない人物を選考する過程であって、本当の見極めポイントはその先にあるのかもしれない。まぁ当然といったら当然で下を経験しない人間が、上に立って下にするとトンデモナイ的外れなものになるのは明白だから。基礎が無い者が前に進めないのは当たり前の話である訳だけど。

 

けれど、どの業界でも成功するには始めの見極めポイントを見逃してはならない。そう心に誓った大学一年の秋だった。