白黒よりも鮮やかで

好きなものを好きと言えるのがブログだと思う。

美醜に振り回されて

(note にも同じ文章を掲載しております)

美しさを巡る問題は、時に人生を棒に振るほど重大な問題だ。亡くなる前のマイケルジャクソンを覚えているだろうか。アフロヘアの美少年だったかつての面影はどこにもなかった。度重なる美容整形によって、すっかり変わってしまったのである。

マイケルジャクソンまでとは言わなくとも、誰しも多かれ少なかれ自分の容姿を気にしている。メイク動画の再生回数やファッション雑誌のコピーを見れば、ことの普遍性に想像がつく。

容姿の問題について思うとき、いつも思い出す友人がいる。今回は、その子の話をしていきたい。

Aちゃんはとても可愛い子だった。華奢で儚い雰囲気で。だが、「可愛い」というと彼女は決まって否定する。彼女の親族は美形だらけだからだそうだ、周りに比べたらわたしなんて全然、と。大きくなって、親族のみんなとは違うんだと気付いたそうだ。モデルのような、彫りの深い顔やパッチリ二重は諦めざるを得なかった。

しかし彼女には長い間一つ切り札があった。それは体重である。彼女は慢性的に(ストレス性の)腸炎を抱えていたため、どれだけ食べても太らなかった。めちゃくちゃ細かった。体重が軽いということが、唯一彼女の誇りだったという。(ストレスが誇りということに対して私は危険因子を感じたが)だが、それが治ったのと同じ頃、彼女は過食を繰り返すようになる。口唇の刺激がいかに甘美で、一時の慰めになるかということを彼女は知ってしまった。
こころの空腹で食べた栄養分は、からだの方にしっかり取り込まれた。

Aちゃんは、これではまずい、と思ったという。体重計の示す数字が(Aちゃんにとっての)限界値を超えたからだ。運動や食事制限にもトライした。だがそれでは足りなかった。もっと早くて大きい効果が欲しかった。そうして、彼女が手にしたのは下剤だった。

この魔法の薬のお陰で、Aちゃんの体重は軽くなった。副作用で肌は荒れてしまったけれど、そんなことは二の次だった。からだが軽くなるにつれて、こころも軽くなった。

しかし彼女は鏡を見て、気付く。自分は以前より見苦しくなってないか、と。鏡に映る彼女の姿はひどく疲れた様子で、全然美しくなかった。綺麗になりたい一心で努力したのに。どうして、真逆の方向に行ってしまったんだろう。

綺麗になる努力の方向が違う、それはそうなのだが、私は話を聞きながらそれ以前の方が重要なんじゃないかと思った。まず、彼女はいつからか、容姿の問題を体重の問題にすり替えてしまっていた。

彼女は、美しさの絶対条件は体重だと思うようになった。細くて綺麗なモデルさんの姿を絶対だと思い込み、そうなれない自分に対して、もう1人の自分が破壊を促す。ダイエットをする前、Aちゃんは過食をしていた。過食も下剤も自己破壊の一形態である。過食の理由をAちゃんは語らなかったが、これも下剤と同じように、完璧になれない自分を許せなかったのかもしれない。

自分自身に支配されているみたいだ、と思った。彼女の中には2人の自分がいて、この2つが上手くバランスを取れずに自滅の方向に向かっている。Aちゃんの自分に厳しく、努力家な一面は魅力ではあるけれど、裏を返せば、こうも自分の首を絞めてしまうのか。

たしかに、最近は「病的な」メイクも流行っており、病的なかわいさが一種の権威をもっている。だが、自己破壊によって得られた美?に落胆してる彼女の様子から考えて、病的な美はきっと彼女が望むものではないんだろう。

そもそも、彫りの深い顔や小さな顔、パッチリ二重など、典型的な美の要件で私たちは美人になれるのだろうか。

参考までに、この文章を引用したい。

本当の美しさは長いまつげや細い鼻筋の形をしていない。ましてや、押し付けられた役割を受け入れる卑屈さなんかじゃない。自分自身の価値観を守るために闘う意志である。貼られた値札なんかはがせばいい。それに気付けた時、何度でも自分の人生は始まってゆくのだ。

これは、学生ライターの篠原かをりが、村田沙耶著『しろいろの街の、その骨の体温の』に寄せて書いたものだ。この小説は、周りからブスと烙印を押された少女の話で、篠原はそれをもとに美醜の話をしている。本当の美しさは世の中が決めたものじゃない、自分の美しさの価値は自分で決めるのだ、と。

昔から、色気は知性に宿ると言われている。色気が美しさの必要条件ではないにせよ、このように人の魅力は外面的なものだけではないんだろう。

外面に振り回されて、憔悴しきっている彼女。私から見れば、Aちゃんは本当に美人なのだ。しかし、周りに流されず、自分の信じた道を突き進んだ先に本当の美はあるのだろう。



(Aちゃんの話はフィクションと織り交ぜています。)

文章の取り扱い説明書


私は1度完成した文章を読み返すことなんて滅多にない。


私は文章を書くことが好きだったので、
ネットを知るずっと昔から小さな文章を書くノートを持っていた。
しかし小さい頃からの癖で、私は前のページにどれだけ余白があっても、毎度毎度私は新しいページに新しい物を書く。

そして、全てのページに文字が埋まった後には、全部それを捨ててきた。勿体無いと言われるが、私は自分の書いたもの赤面して見れないほどに不器用なのだ。多分真顔で見返せるのはツイッターの投稿ぐらいである。

文章は記録という人もいるが、私の場合記録から1番遠いところにいるかもしれない。私にとって文章は、その時の気持ちの結晶。その時しか覚えていない。だからブログなんてその時々の自分の墓場みたいなものだ。

長編ストーリーを書ける人に憧れる。
今までの経験を確実に次の文章に生かし切る人が羨ましい。
自分の文章を見て微笑ましく思うのなんて私にはナン億光年先の話だろう。


そういや、私の好きな作家さんも同じ様なことを言っていた。
「『〇〇(著作名)』は中学の時から好きでした!」と言えば、
「あれ、何書いてたっけ。全然覚えてないや。僕、基本的に書いたものは読み返さないんで。」である。

当時はブログも何もしてなかったので、結構衝撃的だった。こんな大作を書いていて、内容を覚えていないのか、と。

しかし今は私も同じタイプになりつつあるという衝撃。

いや、一緒なんて言ったら失礼かもしれないけど。


おしまい

新しいブログを開設しました

いつもご拝読ありがとうございます。
この度は新しいブログを開設したことを是非お伝えしたいな思い、一筆とりました。

多彩の指南書

趣旨としては様々な分野で挑戦する人をインタビューし、それを記事にまとめていこうというものです。世の中の多様性を知りたい、伝えたい。
現実と戦うという、どんな小さな挑戦も挑戦と呼びたい。

拙い文章ではありますが、そちらも読んでいただけると幸いです。

こちらのブログでも引き続き文章を投稿していこうと思いますのでよろしくお願い致します。



おしまい。

少年犯罪と自尊感情について

 

「空が青いから白を選んだのです」というのは、奈良少年刑務所の少年たちが書いた詩をまとめた詩集である。余りに美しい題に惹かれて手に取った。題はその詩の中からとったものだという。中身もまた、飾り気のないストレートな美しい言葉が綴られていて、それがが心に沁みた。

空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)

空が青いから白をえらんだのです ―奈良少年刑務所詩集― (新潮文庫)

 

 

 これらを書いたのはすべて受刑者だ。彼らがどんな罪でここにいるのかは具体的に書かれてはいないが、強盗・殺人・薬物等の罪を犯した人もいるという。どんな凶悪犯罪者かと思うが、この柔らかく真っ直ぐな言葉を紡いだのもまた彼らである。日本では刑務所の中について実際に取り上げられることはまずないし、家庭裁判所も非公開が原則だ。ここにいる彼らは普通語られることはない。この本の素晴らしさは普段光の当たることのない人達に光を当てたことである。勿論彼らの犯した犯罪の裏に被害者がいることは承知しているが、それでも社会の腫物扱いするのではなく、まっすぐ彼らを見るべきだと思う。

 

 

著者も書いている通り少年犯罪の加害者というのは、社会的弱者という場合が多い。少年たちは始め固く心を閉ざしていたと書かれていた。彼らの詩はどことなく寂しさや悲壮感、自信の無さを感じさせた。

 

少年犯罪を犯した子がどんな子か、というのは以下の本が詳しい。

 

家裁の庭から―調査官が見た子どもの深層

家裁の庭から―調査官が見た子どもの深層

  • 作者: 原口幹雄,家庭問題情報センター
  • 出版社/メーカー: 日本加除出版
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 この本には様々な実例が紹介されており、その一つに、バイクの無免許運転や暴走行為で家庭裁判所に連れてこられた家出少女の例があった。彼女は家裁に連れてこられた当初、年齢不相応の「トゲトゲとした態度を見せていたのだが、不仲だった家族から「帰っておいで」という連絡をもらってからは、ころっと態度を変えて年齢以上に子供らしい態度を見せた、という。

 

 これは犯罪を犯した愛着障害の子の例だ。愛着形成ができなかったことで過度に親に反抗し、犯罪に繋がってしまった。しかし一方で、この反抗は「愛されたい」裏返しなので家族から連絡をもらって一変し従順になったのだ。

 

この様に少年犯罪の加害者は幼い頃に虐待・親の離婚・家庭崩壊・いじめ等様々なストレスに晒された子という場合が多い。これらの問題の肝は、子供たちが大きくなっても引きずり続けることにある。愛着障害自尊感情の低さ、当時生き抜くために身につけた自衛反応が成長してから自分の首を絞めることもある。この中で、とりわけ重要なのが自尊感情である。自尊感情は自己肯定感とも言われ、自分で自分を認めることだ。自尊感情は対人関係などの全ての根幹になり低いと生きづらさの原因となり得る。

これには、自分を抑圧し積りに積もって耐えきれなくなった頃、何かのきっかけで爆発してしまうという危険因子をはらんでる。それが他人に向く場合もあれば、自分に向く場合もあり、前者なら暴力事件などであり、後者は薬物や援助交際に当たる。

 

事件の裏で加害者の声にならない声で叫んでいたとしたら、自分の傷が誰かの傷を生んでいるとしたらこんな悲しいことはない。

 

詩の話に戻るが、彼らの詩は著者が行った講習の中で集めたという。この講習も自尊感情を高め、自分の罪の重さに気付かせることを目的としている。彼らは、このプログラムは他の受刑者たちとの関わり合いを通じて、自分を愛することを学んでいく。これを通じていつか彼らが自分を傷つけなくても生きれるようになりますように。出所後の彼らを誘惑から守ってサポートしてくれる人がいますように。

福祉が入り込む隙間も多そうだ。

 

 

 

もう少し社会が寛容であれば、と思う。

更生した少年たちに対しもう少し広いチャンスを、と思う。

なぜなら元々お金持ちの人間がどんどん財を増やしていく超成功物語が存在するなら、また社会的地位が低い人間が際限なく転落していく人生もまた存在するからだ。

資本主義の世界には、一部の人間が大成功する傍ら、他方その皺寄せが一部の人に押し付けられるということがあるからだ。

彼らは小さい頃から社会のダークサイドを背負わざるを得なかった。

努力主義・個人主義訴えながら実は社会階級の低い層と高い層には大きな隔たりがある。実際低い層は犯罪を犯してもおかしくないような状況に置かれながら、万一犯してしまったらそれ以下へと転落する。

 

彼らが犯罪を犯す前に、いや犯してからも彼らに合ったメンタリティサポートも必要だと思う。

 

 

おしまい

 

ブルーバレンタイン

 

 

『トラウマ恋愛映画入門』の表紙を飾る映画を見た。関係が冷めきった夫婦が別れるまでのストーリーである。同時進行で進む、出会ってから結婚するまでの回想シーンとの対比で更に胸を締め付けられる。

 

主人公のディーンとシンディ。出会った頃、シンディは医学部の女子大生で、ディーンは高校中退の無職からやっとペンキ屋の仕事を手に入れたという時だった。シンディは元彼に妊娠させられ、中絶を試みるも術中に思い直す。それに立ち合いながらもディーンはシンディに結婚を申し込み、その子を自分の子として育てて行くことを決意する。このころは二人は深く愛し合っていた。

しかし現在は数年経ち、関係はがらりと変わってしまった。シンディは看護師で慌しい日々を過ごし、家事も全てこなす。だが、子供に構ってあげられる時間は少ない。それに対しディーンは負担が少ない仕事をしているのか、朝から酒を飲む始末である。だが子供との触れ合いはかなり大切にしている。ディーンとシンディは価値観が大きくすれ違っており、互いに不満を抱えながらも日々を過ごしていた。

 

愛犬の死をきっかけにディーンは良好な関係を取り戻そうと試みるも、失敗し二人は結局別れることになる。

 

ディーンもシンディも最高に不器用だった。シンディは自分の悩みを想いを素直に伝えられないし、助けてほしい時に真っ直ぐ助けてと言えない、そういうタイプである。

ディーンも、会話が面白く機知に富んだ人物であるが、大切なところで失敗する。自分本位なのか、思い付く選択肢が少なすぎるのか。ディーンがもう一度関係を改善させようと、選んだデートの行き先のセンスが余りにもなさすぎて、観てる側としてはいじらしい。

 

この二人はお互いゆっくり向き合ったことがないようだ。不満を伝えると口論になる、喧嘩になる。そこには我慢か別れるの二択しか存在しない。ずっとその問題を見ないことにしていても、無視できない日はいつか来る。 よく見れば出会ったころからその種は撒かれていた。最後の日にお互い自分の1番嫌なところを曝け出して、傷つけて泣きあって。

 

有終の美なんて存在しない。

別れ際はいつも美しくない。美しかったら初めからそれは恋愛じゃないし、本当の別れ際ではないと思う。

 

エンドロールに流れる曲は、ディーンが初めてシンディに「愛してる」と伝えた時の曲だった。

 

二人の関係の初めから終わりまで答が全てここにあると思った。

切ない。

最高に切ない。

 

 

↓ディーンが初めてシンディに告白したシーン

Blue Valentine Ukulele Dance Scene - YouTube

 

↓映画詳細

 ブルーバレンタイン - Wikipedia

 

 

トラウマ恋愛映画入門 (集英社文庫)

トラウマ恋愛映画入門 (集英社文庫)

 

 

 

 

 

勝利を確信する瞬間について。

 

勝利を確信する瞬間ってなんでこう、独りよがりなんだろうと思う。

昔よくやってたスーパーマリオは、ゴールしたらミニマリオがハタに飛びついて、ハタが降りてくると「win」の文字が出た。

ハタに飛びついた途端、勝利は我が物だった。はやく「win」が出ないかなとかいう焦燥感とか、ワクワク感とか。

 

何回成功しても、毎回毎回同じ様に任天堂は毎回毎回「win」を見せてくれた。

 

10年経って、

完全勝利を確信しても待ってる結果が「win」とは限らない、

そんな勝利が増えた気がする。

羽生結弦が表彰台に飛び乗るような喜びなんて殆ど存在しなくて、

80年代の映画みたいに多分タバコ吸いながら黄昏れるしかないような喜び。「ヤッター」なんて、なんの感情もなしに言えないような。

 

祝杯は今はスイーツだけど、いつかは渋くなっていくんだろうか。

 

ブランド論

 

 

この間、先輩方とお話していた時のこと。

男の先輩がふと零した言葉が耳に止まった。

「なんで女性ってそんなにブランド物が好きなの?」

 

ブランド好きなのは女性だけではない。

こだわる人は泥沼のようにはまっていく、そんな印象である。

 

私は「良い物」は好きだけど、自分がどこで服を買ったかもわからないズボラなので

多分、ブランドを追いかける資格もないと思う。多分。でも私も思うのである。

なんでブランドに執着する人はそんなに執着するの?

 

ブランド好きは「良い物好きなのか」。ブランド好きが高じたら、オーダーメイド好きになっていくのか。それともブランド好きは永遠にブランド好きで、ずっとヴィトンやエルメスを追いかけ続けるのか。

 

そもそもブランドの良さというのはその服のデザインにあるのか、それとも品質にあるのか、タグにあるのか。それすらもわからない。

 

元々はその服のデザインと品質に対する保証書がタグだったのではないかと思う。

このデザインとこのクオリティはウチのものですよ、と。だから首元の内側にタグをつけた。だれも見ないような場所に。

 

だが、ハイブランドになるにつれて、そのタグを前面に出すブランドも増えてきた。

いわば歩く広告である。しかし、着る身としては、これで何を着てるかが、その服にどれほどの投資をしているかが露わになる、いわば価値尺度としての性格を持ち始める。

 

その服のデザインが好きだからブランドを着るという人がいる。これは私が好きな答えである。この時、主導権は服を着る人の方にあって、着る人はいたって自由である。

 

このブランドは高品質なのがわかっているから、買う。という人がいる。分からなくもない。どんな素材を使っているか、いい物なのか判断する面倒な時間や勉強の手間を省いた、合理的な時短方法である。しかしそれは、自分には良い物を見極める能力がないという敗北宣言にもなり得る。

 

例えばシャネルを持ちたいから持つという人がいる。この人はブランドに踊らされている人である。

 

 

ブランドにこだわらないと言いつつ、私にもそういう面がないわけではない。

高いワンピースを着て街を歩いてみたい。

大人になったら、安くても大体なんでも様になる若い時代が終わったら、

そういう買い物が増えていくのかなあと思うと少し悲しい。

 

 

自由なんて存在しないとは思いつつ、資本主義に踊らされたくはないのである。

自由に好きな服を選んで、好きな服を買いたい。

 

こないだ可愛いなと思った花柄のワンピースがあった。あそこのショッピングモールの〇階のあのあたりのお店ということしか覚えていない。有名ブランドなのかどうかもよくわからない。悩んだけどやっぱり買いに行こうかな。

 

さて、先ほどの話に戻るが、女の先輩の答えが的を得ていた。

「ブランドが好きなんじゃなくて、ブランドが似合う女性に見られたいのだと思います」

カッコいい。

 

この先は恋愛論になってしまいそうだが、こういう答えは好きである。

 

 

 

おわり